遺伝子検査キット

最後の遺伝子は、「ADRB2遺伝子(β2アドレナリンレセプター)」と脂肪分解に関与し、筋肉のつきやすさと相関関係が認められている遺伝子です。

これはたんぱく質が代謝されやすいことから筋肉がつきにくい傾向があるようです。

そのため、ほっそりとした体型になりやすいですが、筋肉が衰えたままで肥満になってしまうと、極端に減量しにくいと言われています。

変異型の方にとっては、一度太ったら減量するのにどうしても時間がかかってしまう可能性があります。

このような様々な遺伝子結果から、243種類(大きく分けて10種類)に分類していくのです。

そこで1人1人、どのような遺伝子を持っているのかをきちんと理解することが出来ると思います。