dnaダイエットキット

他にも「ADRB3遺伝子(β3アドレナリンレセプター)」といい、内臓脂肪のつきやすさと相関関係が認められている遺伝子があります。

標準の体型の方と比べたら、糖分の代謝が低いので糖分を過剰に摂取したら、お腹周りに脂肪が付く傾向があるようです。

このように変異型の方は、脂肪が蓄積しやすく、ダイエット後もリバウンドしやすい可能性があります。

そして、「UCP1遺伝子(脱共役たんぱく質1)」と呼ばれている、皮下脂肪のつきやすさと相関関係が認められている遺伝子についてです。

変異型の方は標準の方と比べたら、揚げ物など脂肪が多いものを摂取するとお尻などの下半身に脂肪がつきやすいことから、「皮下脂肪型肥満」の遺伝子と言われています。