肥満遺伝子検査

人間は遺伝子によって様々な部分で大きく異なっているのは皆さんもご存じでしょう。

このように、ダイエットをすることに関しても自分がどういう遺伝子を持っていて、こういう体質なんだということが理解出来れば、よりダイエットがスムーズに行くことだと思います。

DNA SLIMでは、肥満に関する遺伝子を5種類分析し、その結果からダイエットプランを考えることをおすすめしているのです。

例えば、「FTO遺伝子(rs9939609)(rs1558902)」というのは、BMIと強い相関関係が認められている遺伝子です。

痩せられない人は、食欲を抑えることが苦手で、また無意識のうちに高カロリーなものを食べている傾向があるようです。

このFTO遺伝子が変異型の方は「高カロリー嗜好派タイプ」の遺伝子と言われています。