爪で簡単にDNA検査!

ダイエットにトライするたびに失敗している。どうしたら効果的にダイエットができるのかわからない。

今の体型を保持したいけど、うちは両親が肥満型。ちょっと不安。

そんな人におすすめの新しいダイエットの形があります。

それは、ダイエット遺伝子分析キットの使用です。

調べる遺伝子は5種類あります。

FTO遺伝子

脂肪量と肥満に関係している遺伝子です。

BMIと良く言いますが、BMIは体重÷身長÷身長であらわされる数値をもとに、その人の体格を見る指標のことです。

FTO遺伝子が変異型だと、標準型に比較して、BMIが高くなり、肥満傾向が強いといます。

高カロリーを好むタイプの遺伝因子とも言われます。

ADRB3遺伝子

内臓脂肪型の肥満遺伝子です。

ADRB3遺伝子が変異型だと、交感神経の働きが低下して、糖分代謝が低くなり、糖分の過剰摂取でお腹周りに脂肪が付きやすい傾向があります。

内臓脂肪肥満型の遺伝因子です。

UCP1遺伝子

皮下脂肪型の肥満遺伝子です。

DNA SLIM(ディーエヌエースリム)ハーセリーズオンライン

UCP1遺伝子は、交感神経の働きが低下すると、脂肪代謝がオチ、皮下脂肪がついて、下半身に脂肪がつきやすくなります。

皮下脂肪肥満型の遺伝因子です。

ADRB2遺伝子

筋肉のつきにくさがわかる遺伝子です。

ADRB2遺伝子は、脂肪分解に関与します。筋肉のつきにくさを見る遺伝子です。

基礎代謝量が多く、たんぱく質を代謝しやすいため、筋肉がつきにくくほっそり体型を作ります。そのため、筋肉が衰えたまま肥満すると、減量しにくくなります。

筋肉がつきにくく、太るとやせにくい遺伝因子です。

肥満遺伝子を検査したら、243パターンのダイエットプランから、あなたにぴったりのプランをオーダーメイド。このアドバイスは、検査に基づいているから、ダイエット計画も具体的に効果的に立てることができるというわけです。

検査はなんと、爪切りで切った爪から行います。手軽にできる、確実なダイエットプラン。今度こそと思っている人には、おすすめです。